脂肪注入法

1day美バスト

1day美バストとは文字通り、1日で美バストになれるもので、カウンセリングで相談した日にその場で施術してもらえるというとても簡単なバストアップ方法です。
この方法も吸引した脂肪の幹細胞を胸に注入していくので、脂肪注入法の一つです。
もちろん自分の脂肪を注入していくので、施術後の違和感など胸部へのストレスが少なくなっています。

 

脂肪注入後の感触などバストの仕上がりは自然ですし、注入するものがもともと脂肪ですので、柔らかさも問題ありません。
他人に施術したことがばれてしまうようなことはないでしょう。

 

この1day美バストは採決などが不要で相談日当日に施術まで行ってしまうので本当に手軽なバストアップなのですが、欠点もあります。
それは、脂肪の注入量をそれほど多くできないということです。
脂肪の吸引、注入を増やす場合体への負担が多くなるので、それなりに採決などが必要になってくるのです。

 

1day美バストではバストアップの目安としておおよそ1カップのバストアップができます。
体についている脂肪の割りに胸が小さめの方などはコチラの方法が良いです。

 

料金もピュアグラフトやコンデンスリッチの方法よりもかなりリーズナブルですので、自然にバストアップしたい方はぜひ1day美バストの施術を選んでください。

 

豊胸手術

ピュアグラフト脂肪注入法

コチラのほうほうもご自身の脂肪をバストに注入する方法です。
一番の特徴は吸引した脂肪を特別なフィルターにかけて中に存在している不純物をとりのぞいて、ピュアな状態の脂肪のみを注入していくという方法です。
不純物とは水分や血液をはじめとして老化細胞などがあり、これらの不純物があると脂肪の定着率が低くなってしまうという問題がありました。

 

今までは、遠心分離機を使って不純物をとりのぞいていましたが、この方法では完全に不純物を除去できないばかりか、健全な幹細胞までも破壊してしまうというデメリットがありました。
これらの欠点をとりのぞいたのが、最新のフィルターを使った分離方法です。
この方法でしたら健全な細胞を破壊してしまうデメリットを克服できます。

 

コチラのピュアグラフト脂肪注入法ではバストアップとして1.5カップの豊胸が目安となっています。
採決などもあり、カウンセリング当日の施術はできません。カウンセリングでしっかりと相談したうえで施術に入ってください。

 

脂肪の注入は250〜300ccを標準としていて、今までの遠心分離機での脂肪分離に比べて脂肪定着率は上昇しています。
注入する脂肪の純度が上がりますのでしこりなどの石灰化のリスクも低減しています。

コンデンスリッチ脂肪注入法

こちらは吸引した脂肪をフィルターにかけて水分や血液、老化細胞などを除去して、幹細胞を濃縮させて作成した幹細胞を注入する方法で定着率が高い豊胸術です。
しこりの石灰化も一番おきにくい方法で価格もそれに比例して一番高額となっています。

 

こちらは採決などもありカウンセリング当日の施術はできませんので後日の豊胸術となります。
コンデンスリッチ脂肪注入法は300〜400ccの脂肪が注入できますので一気に理想のバストに近づけます。カップでいうと2〜3カップのアップが見込めます。
しこりの発生率はゼロではないのですがきわめて少ない結果となっています。

 

吸引する脂肪もたくさんになりますのでボディラインも理想の形となる理想の豊胸術です。
吸引した脂肪をフィルターにかけるだけではなくさらに濃縮して不純物をできるだけ排除した脂肪(condense rich fat)のみを使っていますので定着率もとても高いのです。

 

価格が高いのがネックとなりますが、安全で施術後のしこりの心配も気になるという方はコンデンスリッチ法がいいです。
定着率としこりの心配はかなりなくなります。
湘南美容外科では豊胸術が得意な名医とも呼ばれるドクターがいますので、安心して施術を任せてください。